統合失調症とむの4コマ漫画ブログ

統合失調症のとむが4コマ漫画で社会人生活からの発病、 治療、回復までの話をつづるブログ(不定期ですが更新中!)

【とむの4コマ漫画大作戦】第9回 漫画作成

【とむの4コマ漫画大作戦】

とむです。

いつもご覧いただきありがとうございます。

「とむの4コマ漫画大作戦」
前回は「文章作成」についてお話しさせていただきました。

【とむの4コマ漫画大作戦】第8回 文章作成

第9回目の内容は「漫画作成」です。

4コマ漫画を選んだ理由

当ブログでは実体験を元にした4コマ漫画を描いています。
上記を採用した理由は以下の2つです。

・一目で伝えられる
・スクロールを最小限にできる

ウェブには「3秒ルール(近年では2秒)」という言葉があり、
漫画が読まれるには読者の直帰を減らし3秒以内に興味を惹きつけ、
直感的に理解でき、スクロールの手間をかけない必要があります。

鉛筆で登場人物と背景のアタリをつける

まず漫画作成の工程を紹介させていただきます。

前回決めた小見出しと文章を元に漫画の構成を下書きします。
まずは4コマの枠のaiファイルをA4コピー用紙に印刷した後で、
鉛筆で登場人物と背景などの構図のアタリをつけます。f:id:ts106:20200213221559j:plain
鉛筆でデッサン人形のようなシルエットを描く

アタリを元に鉛筆で線を本書き

次に先ほど鉛筆でつけたアタリを元に絵を本書きします。
この時点である程度線は決め打ちされた状態にするのが理想。
消しゴムで微調整しながら筆圧を強め無駄な線を排除します。
f:id:ts106:20200213221605j:plain
この時点で線が確定された状態にします。

鉛筆の下書きをペンでトレース

鉛筆で確定させた線をペンで正確にトレースします。
この時点で絵の構図はある程度確定した状態となります。
llustratorでの微調整は最小限に抑えられるようにします。
f:id:ts106:20200213221610j:plain
この時点で線が確定された状態にします。

Illustratorで線をトレースし着色

作成した下書きをスキャナでjpgかpng画像に取り込みます。
そしてAdobeIllustratorで線をペンツールでトレースして着色します。
下記のようにレイヤーで分割すると作業の管理がしやすいです。
f:id:ts106:20200213223726p:plain
レイヤーはコマ(枠)、セリフ、絵、白地、原画の5つに分けています。

以下が完成品です。
f:id:ts106:20200120110621p:plain
一番目のコマをサムネイルとして使用しています。 

実際のページです。ts106.hateblo.jp

手書きの下書き、Illustratorの順で進める

4コマ漫画を描くのは非常に手間のかかる作業となります。
コツとしては余計な線を極力減らしてトレースの手間を削減し、
Illustrator上で着色するパーツを計画的に分けると効率的です。

パスのトレース作業は修練によって確実に技術が向上します。
写真の切り抜き作業を行う方法がいい練習になります。

以上、漫画作成について説明させて頂きました。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。
(通常のストーリーの合間に不定期で公開予定です!)

過去の記事一覧はこちら

過去の記事一覧へ
スマホタブレットの方は2回タップしないと反応しない場合がございます。

 

 

このブログを応援してくださる方へ

もし宜しければ下記の読者になるボタンより登録をお願いします。

応援のため下記のバナーをクリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

また下記のスターもクリックして頂けると励みになります。
※投稿時間の下にある星マークのボタンです。